10年更新まであとわずか、どう見直したらいいのか教えて?
王国_口コミ事典
なんでも知恵袋
王国探検すごろく
 

10年更新まであとわずか、どう見直したらいいのか教えて?

生命保険

生命保険(質問)

生活情報

質問・相談

10年更新まであとわずか、どう見直したらいいのか教えて?

年齢が上がるとともに保険料は上がりますね。医療保障はもちろんですが、死亡保障も・・と考えると年齢が上がった分すごい金額に。みなさんどのように選んでいるのでしょうか。

書き込みしよう → ログイン
初めての方は→ 住民登録 20秒でOK(無料)

コメント
為になったコメントや面白いコメントには いい記事には投票してください! をクリック!
資産の状況や家族構成、生活レベル等々、様々な要素によって必要な保険金額は異なります。例えば、多額の預貯金などを保有し、住宅ローンなどの負債がなければ生命保険は不必要かもしれません。保険会社の外交員はそこまでの知識を持ち合わせていない人が大半です。ファイナンシャルプランナーの資格を持った人を探し、相談する事をお勧めいたします。
ひろ715さん
どのような保険かよくわかりませんが。。定期部分は、そのままにしたいというのであれば、終身部分を低くすると・・安くなります・・でも保険の外交員の人に相談しても・・やはり成績とかがあるから、お客様のことを考えてくれるとは・・なかなかいえません・・現在の家庭の状況によってまったく別の保険に見直すという方法もあります・・なんか、あんまりお役に立てませんでしたが。。自分で色々調べてみるのも・・手かと思います・・
mi-tyanさん
年齢、家族構成、自分の必要とする保障内容をきっちり聞いてくれる保険屋さんを探すことからはじめるのがいいですよ。最近は大手生命保険のおばちゃんだけでなく、損保代理店、FPなどわかりやすい説明をしてくれる人も増えているから気軽に相談すればいいと思います。
inokoさん
20
更新後の保険料はかなり上がります。契約転換して最新の医療保障を重視した保険にするとか、保険を払い済みにしておいておき、他社の掛け捨ての保険料の安い医療保険にするとか、よく考えてください。保障として、何が大切であるか考えるべきですね。医療保障を充実するのか、自分に万一のことがあった場合の家族への保障とか、信頼できるセールスの人に相談してください。
カズさん
いい記事には投票してください!
19
保険のことがわからないなら、やはり専門の方に相談するのがよいのではないでしょうか。かといって、保険会社の人は、やはり自分の成績など気にしてのアドバイスになってしまう可能性がありそうなので(みんなそうではないかもしれませんが・・)、各所で、保険の見直し相談室のようなものが開催されていますから、そういう(中立的な)所で相談するのがいいと思います。
とむさん
いい記事には投票してください!
18
保険料を安く抑えたいのなら転換するのがいいと思います。あと10年更新でも自動更新○才となっていればその年齢までは審査なしで更新できます。定期保険でも満了の数年前までは解約返戻金もあるので他社の保険に変えるのなら満了を待たずに変えたほうがいいと思います。変えるときは新しい保険に加入して承諾されてから解約したほうがいいですよ
trymnさん
いい記事には投票してください!
17
年齢、家族構成、自分の必要とする保障内容をきっちり聞いてくれる保険屋さんを探すことからはじめるのがいいですよ。最近は大手生命保険のおばちゃんだけでなく、損保代理店、FPなどわかりやすい説明をしてくれる人も増えているから気軽に相談すればいいと思います。
inokoさん
いい記事には投票してください!
16
色々な会社の見積もりをとることです。会社によって何に力をいれているか違います。医療保険重点、介護重点、定期重点、色々見積もりをとることで、勉強にもなります。自分で手間をかけた分のちのち自分のためになります。今は雑誌、インターネット自分で勉強を十分できます。それから納得してから入ることです。
さっとん♪さん
いい記事には投票してください!
15
保険屋のセールスレディが何度も会社まで来ましたが、よく分からなかったのでそのまま継続しました。
きょうそさん
いい記事には投票してください!
14
私は33歳主婦で、私も10年満期の保険です。今年で切れるので、いろいろ探しています。本で、読んだのですが、やはり若いうちから、終身保険に入るほうが得だと書いてありました。確かに、今は元気だけど今度更新するとき、なにかの病気になると入れなくなるということがおきるんです。やはり私も、終身保険のほうがよいと思います。私のは死亡保障がないけど、入院保障が、しっかりしたものを選びました。
himikaさん
いい記事には投票してください!
13
更新って言われても全然わからないですよね。恐らく普通の生保の死亡保険が主契約になっていると思います。結局、特約で「入院、病気、ケガ、がん、女性特約」なんかをつけて行くので高くなってしまうのです(勿論主契約の保険料もあがりますが)今はいろいろな保険があるので、1本で全てをまかなうというより、自分で選んで納得できる保険に(何社になっても)別けて入るというのが賢い手段かと思います。
meguさん
いい記事には投票してください!
12
私の場合は10年更新で金額が上がるって知らずに加入していました。更新の前にたまたま結婚してその時点での子供が出来る年齢、子供の手が離れる年齢・・・など想定して年齢が上がって出て行く金額が見えたときに下りる金額が少なくなって行くように設定しました。実際、ダンナ65とか70歳で残った嫁に数千万もの保険は不要でしょ。
琉パパさん
いい記事には投票してください!
11
できるだけ長期のプランで10年を15年とか20年でプランした方がよいと思います。10年更新ごとに同条件下でしたら掛金が相当に上がってしまいます。保証内容もお子さんの年齢から判断して今後の養育費の観点から縮小傾向に考えないと保険料は大変です。
kazuさん
いい記事には投票してください!
10
その方の家族構成、子供がいるのかいないのか、子供がいたら子供年齢、未成年なのか成人してるのか、持ち家なのか賃貸なのか、預貯金はどのぐらいあるのか、収入はどのぐらいなのか、奥様は働いてるのか、健康状態は?心配なことは?などなど人それぞれ違うので必要保障額も全然違ってきます。きちんと相談しながらいらないものは削ったりして決めていくべきだと思います。
threeDさん
いい記事には投票してください!
9
資産の状況や家族構成、生活レベル等々、様々な要素によって必要な保険金額は異なります。例えば、多額の預貯金などを保有し、住宅ローンなどの負債がなければ生命保険は不必要かもしれません。保険会社の外交員はそこまでの知識を持ち合わせていない人が大半です。ファイナンシャルプランナーの資格を持った人を探し、相談する事をお勧めいたします。
ひろ715さん
いい記事には投票してください!
8
いくらくらい上がるのかによてっ違いますが、1000円~2000円くらいならそのままにしておきます。5000円以上上がる場合は他者と同じ内容のものを比べてみます。年齢的なものもありますが、あまり無理に内容を下げるのは勧めませんね(^^;
はなぶんさん
いい記事には投票してください!
7
どのような保険かよくわかりませんが。。定期部分は、そのままにしたいというのであれば、終身部分を低くすると・・安くなります・・でも保険の外交員の人に相談しても・・やはり成績とかがあるから、お客様のことを考えてくれるとは・・なかなかいえません・・現在の家庭の状況によってまったく別の保険に見直すという方法もあります・・なんか、あんまりお役に立てませんでしたが。。自分で色々調べてみるのも・・手かと思います・・
mi-tyanさん
いい記事には投票してください!
6
私も10年更新を最近しました。そのままで更新すると年齢によって保険料が高くなります。保険の種類がわかりませんが死亡保障を下げれば毎月の掛け金が更新前と同じ位下がります。入院・通院・ガン保障なども保障を下げれば安くなります。保険会社に相談されて家族に合った良い保障で更新をしてみて下さい。
ハゲさん
いい記事には投票してください!
5
更新で上がる部分と、そうではない部分があると思うのですが如何でしょうか?更新で上がらない部分は多分主契約の終身保険で、上がる部分は特約の定期保険や医療保険ではないですか?もしそうであるなら、定期保険は減額する。医療部分は解約して、保険料の上がらない単体の医療保険に加入なされば宜しいと思います。
yonsamaさん
いい記事には投票してください!
4
うちのダンナも10年更新で保険料が上がるって知らずに加入した派です。結局、ダンナが亡くなったとして下りる保険金は生活費に当てる訳ですよね。だったらお子様が大きくなるまでの間はある程度必要だけど、学校を卒業する年齢になったら少なくて済む訳ですから保険金が下がっていく保険に切り替えたらいいかと思います。詳しくは保険屋さんにご相談されてはいかがでしょうか?
みきすけさん
いい記事には投票してください!
3
健康ですか?お子さんの年齢などによって死亡の保険の金額、医療の面では会社で入っていたりする場合もあるので書き出して必要額を計算しましょう。保険屋さんに相談という事で早めに聞いてみた方が良いですよ。年齢によって今ならなんて言われて考える時間がないと困りますから。必要額計算教えてあげられると良いのですが。
すなふきんさん
いい記事には投票してください!
2
私の入っているのはM生命です。体調に変化がある場合、たとえば契約時になかった高血圧になったなどがあると、同じ会社の勧誘員とは別のグループが値切りに来るので、慎重に。
ahahさん
いい記事には投票してください!
1
状況が変われば万一の時の保障も変わるはずです。本当に必要な補償額を計算して、見直した方が良いと思います。保険屋さんはどうしても多めの額で見積もりをしたがりますが、保険料の負担は加入者に掛かってくるのですから、自分で納得できる数字になるまで頑張ってください。
A.I.さん
いい記事には投票してください!
おすすめサイト!
得票数

ahahさん(64)
touchanさん(59)
わっくんパパさん(50)
yattyannさん(44)
タ-ザンさん(32)
ライアンゴロさん(29)
えりえりさん(29)
poko77さん(28)
ginさん(27)

キーワード