雨の対策
王国_口コミ事典
なんでも知恵袋
王国探検すごろく
 

雨の対策

キャンプ・アウトドア

キャンプ・アウトドア(質問)

もっと☆レジャー

質問・相談

雨の対策

雨の対策はどうしていますか?テントの周りに溝を掘ってみましたが・・・

書き込みしよう → ログイン
初めての方は→ 住民登録 20秒でOK(無料)

コメント
為になったコメントや面白いコメントには いい記事には投票してください! をクリック!
強い雨のときはブルーシートをかぶせたり、タープの下にテントをはります。
匿名希望さん
雨の日は、水辺に近い所にはテントを張らないこと。傾斜地に張る時は、下側に入り口を設ける。テントの周囲に溝を掘る場合は、テントから3、40cm程度離した所に深さ10cm程の溝を掘る。溝の深さは、雨の量に応じて変えると良い。当然のことながら、テントには使用前に必ず防水加工を施すこと。防水加工は、防水スプレーでも良いが、効果が長続きしないので、蝋を塗ると良い(但し、手間は掛かる)。テント内に水が染み込んでくることが考えられるので、床部分にはビニールシートや発泡スチロール製のシートを敷くと良い。
opmnobuさん
川のそばでなく、窪地でなく、水はけの良いところですね。要は雨が降っても水がたまることのない場所を選ぶことですね。後はおっしゃるとおり周りに溝を掘っておくことですね。
まつ811さん
20
雨の日は、水辺に近い所にはテントを張らないこと。傾斜地に張る時は、下側に入り口を設ける。テントの周囲に溝を掘る場合は、テントから3、40cm程度離した所に深さ10cm程の溝を掘る。溝の深さは、雨の量に応じて変えると良い。当然のことながら、テントには使用前に必ず防水加工を施すこと。防水加工は、防水スプレーでも良いが、効果が長続きしないので、蝋を塗ると良い(但し、手間は掛かる)。テント内に水が染み込んでくることが考えられるので、床部分にはビニールシートや発泡スチロール製のシートを敷くと良い。
opmnobuさん
いい記事には投票してください!
19
川のそばでなく、窪地でなく、水はけの良いところですね。要は雨が降っても水がたまることのない場所を選ぶことですね。後はおっしゃるとおり周りに溝を掘っておくことですね。
まつ811さん
いい記事には投票してください!
18
コテージとかで済ましてしまうことが多いので、あまり気にならなかったけど、テントはたいへんですね。
おふくさん
いい記事には投票してください!
17
周辺の地形の影響を考えると良いと思います。
kon777さん
いい記事には投票してください!
16
フライシートは必需品です。絶対テントとシートの間に空間を作るように。
琉パパさん
いい記事には投票してください!
15
水はけが良く、少~し斜面になっている方がいいです。当然、入口は斜面の下側。テントの周りには溝を掘って、フライシートには防水スプレーを。脱いだ靴は買物袋に入れてテントの中へ。時々外に出て、様子を見て下さい。川の傍にテントを張るなんてもってのほかです。
mikisukeさん
いい記事には投票してください!
14
テントもタープも何回か使っていると防水効果が落ちるようです。出かける前に点検をかねて広げ、しっかり撥水スプレーをしていきましょう。風に備えて、ロープやペグも多めに準備した方が良いですよ。
A.I.さん
いい記事には投票してください!
13
とりあえず事前の段階で防水スプレーをしっかりしておく事。ブルーシート、ロープなども余分に用意しておくことを勧めます。
ライアンゴロさん
いい記事には投票してください!
12
 テントの上に、タープを張ると快適です。ホームセンターで購入した安価な予備のタープを持参しています。風が強いときのために、予備のペグやロープも多めに持っていくようにしています。でも、本当に雨が強い時に一番重要なのは、撤収する勇気だと思います。
A.I.さん
いい記事には投票してください!
11
まずはテントを建てる位置についても考えるべきでしょうか。水はけのいい場所に立てるべきですし、平らよりも少し傾斜のあるほうがいい場合もあります。溝についてもテントの周囲というよりはギリギリぐらいで、水が流れやすくしておきましょう。周囲に溜まってしまっては意味がありませんので。出来れば先に掘っておいて、テントをたてる部分に盛り土するぐらいの方がいいかと思います。
Hiro_t_さん
いい記事には投票してください!
10
余り安いテントは防水性も悪いのでメーカーのしっかりした物を買いましょう。安上がりなのはブルーシートですが専用のグランドシートも販売されているのでそれを使いましょう。専門店で相談すれば悪天候で性能が発揮できるテントをすすめてくれます
マサっ。さん
いい記事には投票してください!
9
テントの内側にブルーシートを敷き詰めて、その上に銀マット。そうすると雨が滲みてきても、寝袋までぬれることがありません。
HAMACHANNさん
いい記事には投票してください!
8
キャンプでの「雨対策」も重要ですが、雨に伴う風も注意しましょう。最近のテントは軽く、組み立ても簡単ですが、軽いゆえに風に弱いですね。テントの組み立てロープはロープに付いているアンカーをしっかりと地面にさしこみましょう。テントをしっかりと地面に張っておかないと雨風でテントが飛んでしまう事もあります。以前風でテントが飛ばされてテントロープの先のアンカーが顔に直撃して大けがをした人もいます。アンカーはテントと反対の方に斜めにさしこむのがコツです。
souchonさん
いい記事には投票してください!
7
私はつい最近まで友人とキャンプに行ってますが、雨対策はやっぱりテントの周囲に溝を掘る事ですね。昔のテントは厚い布製でしたからテントが雨で濡れて、水漏れもありました。が、最近のテントはビニール(?)製ですから雨をはじくと思います。まあ、キャンプの醍醐味はやはりキャンプ中に色々と苦労するのも、大変ですが後になって見るといい思いでになるでしょう。苦労が嫌ならホテルでも泊まったら、て感じですね。
souchonさん
いい記事には投票してください!
6
高価ですが、カッパは「ゴアテックス」製が良いでしょう。
takashi-さん
いい記事には投票してください!
5
事前に、防水スプレーですね。あとは、冷え込むので、ダウンジャケットなどの用意と分厚い発泡シート(日焼けシートみたいなの)がいいですね。
ginさん
いい記事には投票してください!
4
テントを立てる前に、まず地形の確認が必要です。増水したとき、川の流れが変わったときなど、良く確認しましょう。また溝を掘るときも排水の流れを導くように掘りましょう。後は防水スプレー、雨具を準備することですが、万一濡れたときのことを考えて、大きめのビニール袋があると、役立ちます。
歩き目ですさん
いい記事には投票してください!
3
外でのキャンプなら、余程古いタイプでなければ、かなり撥水性の良い生地で出来たテントも多いので、製品選びはしっかりと。事前の準備に更に防水スプレーなどしておくとよいと思います。
kaniclubさん
いい記事には投票してください!
2
基本中の基本ですが、やはりテントの周りに溝を掘ることでしょうか。あと、テントの下にお風呂マットを敷くと夜露対策にもなりますし、寝心地も良く快適に過ごせます。突然の雨でもしみないのでいいですよ。
さっとん♪さん
いい記事には投票してください!
1
強い雨のときはブルーシートをかぶせたり、タープの下にテントをはります。
匿名希望さん
いい記事には投票してください!
おすすめサイト!
得票数

touchanさん(19)
かをりさん(17)
しょうれんさん(16)
ginさん(16)
altezza5さん(15)
yattyannさん(13)
macangelさん(12)
あすきさん(11)
jaronさん(11)
ahahさん(11)

キーワード