熱中症の予防と対策を教えてください。
王国_口コミ事典
なんでも知恵袋
王国探検すごろく
 

熱中症の予防と対策を教えてください。

スポーツ

スポーツ(質問)

もっと☆レジャー

質問・相談

熱中症の予防と対策を教えてください。

子供がスポーツをやっています。熱中症にならないようにするために出来る事、熱中症になってしまったあとの応急処置など簡単に出来るものがあったら教えてください。

書き込みしよう → ログイン
初めての方は→ 住民登録 20秒でOK(無料)

コメント
為になったコメントや面白いコメントには いい記事には投票してください! をクリック!
のどが渇く前に、こまめに水分補給することです。特に夏場の野外での活動時では、誰かの異変に気づいてあげられるように皆でフォローしあいましょう。熱中症になってしまったらとにかく身体を冷やすことです。股や脇などの動脈が通っている場所に氷をあてて体温を下げるようにするといいと聞きます。
クリプトカリオンさん
帽子をかぶる(日傘でもOK)水分をこまめに補給しする。なるべく日陰を歩くこと。後はなるべく黒い服は避ける(熱を吸収しやすく、帽子や水分補給で予防しても、体温が上がり熱がこもりやすいから)室内でもこまめに水分補給しないと熱中症になりやすいので、調理中などは扇風機を使うと良いです。就寝中も熱中症になりやすいので枕元に水分補給できる物を置いておくと良いです。
ま-ちゃんさん
疲れたら無理をせずに休み、ウェアも発汗性のあるものを着ましょう。必ず水分補給もこまめに、でないと意識が朦朧とします。常日頃から良く食べて体力をつけることですかね?
カズさん
20
水分を取ったり、休憩を入れるのがいいでしょう。
留希さん
いい記事には投票してください!
19
帽子かな
さおりん♪さん
いい記事には投票してください!
18
体温を上げないこと、水分補給を欠かさないこと、過労を避けることです。こまめに水分を摂り、直射日光は帽子などでなるべく避け、休養を取ること。睡眠不足も避けたいですね。その他一般健康対策も有効です。栄養のバランスを取り、ストレスを溜めないことも心がけて下さい。
歩き目ですさん
いい記事には投票してください!
17
帽子をかぶる(日傘でもOK)水分をこまめに補給しする。なるべく日陰を歩くこと。後はなるべく黒い服は避ける(熱を吸収しやすく、帽子や水分補給で予防しても、体温が上がり熱がこもりやすいから)室内でもこまめに水分補給しないと熱中症になりやすいので、調理中などは扇風機を使うと良いです。就寝中も熱中症になりやすいので枕元に水分補給できる物を置いておくと良いです。
ま-ちゃんさん
いい記事には投票してください!
16
なによりも先ずこまめに水分を取ること。仕事やスポーツなど夢中になっていまうと怠りがちですがそこは冷静に対処してください。
ライアンゴロさん
いい記事には投票してください!
15
応急処置・・スポーツドリンク!!なければ塩水を飲み、身体の熱を下げる。
SAERAさん
いい記事には投票してください!
14
のどが渇く前に、こまめに水分補給することです。特に夏場の野外での活動時では、誰かの異変に気づいてあげられるように皆でフォローしあいましょう。熱中症になってしまったらとにかく身体を冷やすことです。股や脇などの動脈が通っている場所に氷をあてて体温を下げるようにするといいと聞きます。
クリプトカリオンさん
いい記事には投票してください!
13
水分の摂取、体を冷やす、脇の下に冷えたペットボトルを挟む。
kon777さん
いい記事には投票してください!
12
帽子と日影と水分補給
seed1000さん
いい記事には投票してください!
11
疲れたら無理をせずに休み、ウェアも発汗性のあるものを着ましょう。必ず水分補給もこまめに、でないと意識が朦朧とします。常日頃から良く食べて体力をつけることですかね?
カズさん
いい記事には投票してください!
10
まずは水分補給を怠らないこと。単なる水よりはスポーツ飲料などのほうが失われた養分を補給しやすいので良いのですが、少し甘すぎるので水で薄めると良いと思います。睡眠不足や下痢の時には特に注意が必要なので、無理には運動をしないこと。カンカンでりの熱い日も危険なのですが、曇った蒸し暑い日は思ったよりも危険なので注意すること。
じ-じょさん
いい記事には投票してください!
9
適切な休憩も必要では?
Matsさん
いい記事には投票してください!
8
直射日光をなるべく避け、こまめに水分補給。
め♪さん
いい記事には投票してください!
7
定期的に水分を補給する。水分の蒸発を防ぐため、帽子をかぶる。薄くてもいいので、長袖をきる。もっと、ハードな状況なら、砂漠を旅する雰囲気で、マントをきる。
ginさん
いい記事には投票してください!
6
水分補給をする。できれば吸収しやすいスポーツドリンクがいいようです。
琉ママさん
いい記事には投票してください!
5
野外だったら帽子をかぶる。でも室内の熱中症はもっと危ないので、とにかく定期的に水分補給をすることです。もし、めまいを感じたらすぐに横になって首筋、脇の下など大きな血管が通っているところを冷やします。
みきすけさん
いい記事には投票してください!
4
のどが渇いた時点では遅く、こまめに水分補給をすることです。また梅干や佃煮などを食べるのも効果的です。
jeep57さん
いい記事には投票してください!
3
アウトドア系のスポーツクラブなどでは熱中症の予防として、練習前にコンディションチェックと体重測定は必須です。体重測定は練習後も勿論測定し、各自減った体重分の8割を翌日までに戻しておくように言われます。一番の必須要素は水分です。体重の3%以上の水分が失われると、体温調節機能が低下します。補うのはアミノ系やサプリ飲料が回復・吸収共に優れていると思います。猛暑の中や梅雨明け直後などの無理な練習は極力避けたほうがいいです。もし、対処しきれず熱中症になってしまったら、20分以内に体温を下げる努力を救急車搬送までにしておくことがBEST.冷却剤や送風器具は常備ですね。
えりえりさん
いい記事には投票してください!
2
帽子をかぶるだけでも効果がありました。あとは水分をこまめに取って、炎天下は休み休みするとか。
さおりさん
いい記事には投票してください!
1
レスキュー隊などの訓練中は、水だけでなく塩が近くに用意されていると聞きました。汗をかく運動などをしているときには失われた水分だけでなく塩分も一緒にとることが大事なようです。
daisy_duckさん
いい記事には投票してください!
おすすめサイト!
得票数

touchanさん(19)
かをりさん(17)
しょうれんさん(16)
ginさん(16)
altezza5さん(15)
yattyannさん(13)
macangelさん(12)
あすきさん(11)
jaronさん(11)
ahahさん(11)

キーワード