起こす、寝かせるなどを上手にするテクニック
王国_口コミ事典
なんでも知恵袋
王国探検すごろく
 

介護で、起こす、寝かせるなどを上手にするテクニック、コツ、ワンポイントアドバイスなど!!

介護・介護保険

介護・介護保険(質問)

ヘルスケア

質問・テーマ

介護で、起こす、寝かせるなどを上手にするテクニック、コツ、ワンポイントアドバイスなど!!


書き込みしよう → ログイン
初めての方は→ 住民登録 20秒でOK(無料)

コメント
為になったコメントや面白いコメントには いい記事には投票してください! をクリック!
古武術の甲野先生がNHKの人間講座で教えていましたが、首の後ろに手を回し込み腰を使わずに起こすやり方は参考になりました。
cupferreさん
古武術介護おすすめです!甲野先生もいいですが、お弟子さんの岡田慎一郎先生のDVDつきの本を購入して本当に役に立ちました。(練習は必須ですが)
azmamaさん
起こす時は、横向きにして足をベッドサイドにおろしながら、肩を持ち上げる。寝かせる時はその逆。
友紀恵さん
25
一人で何でも行おうと思わないことです。
と。しさん
いい記事には投票してください!
24
声をかけて、本人にも協力してもらう。場合によって体を密着させる。
cinacinaさん
いい記事には投票してください!
23
起こす時の要領は相手の股に膝を入れ、首を持たせると簡単です。
スカ-レットさん
いい記事には投票してください!
22
基本的には皆さん書いてあるとおりです。 介護者は相手の体を持ったらそこに体を引っ付けて離れないようにする事。これで腰への負担は減ります。 後は、一度に体全体を動かそうとしないことです。足を先に下ろすというご意見もあったように、足を動かしてから体を起こしてくるなどといった感じです。寝返りのときなんか効果的ですよ。 古武術の話では、キツネの手なんか有名ですね。
PPY29さん
いい記事には投票してください!
21
自分の力で動かすのではなく 相手の体を使って 体位を変えると自分に掛る負担が少なくて良いですよ。
yattyannさん
いい記事には投票してください!
20
古武術介護おすすめです!甲野先生もいいですが、お弟子さんの岡田慎一郎先生のDVDつきの本を購入して本当に役に立ちました。(練習は必須ですが)
azmamaさん
いい記事には投票してください!
19
ベットについている手すりを利用する。「起きましょう」「横になりましょう」の声かけをする。自分で起き上がる(横になる)ように促す。これだけでも、力の入れ具合は違って来ると思います。
ABちゃんさん
いい記事には投票してください!
18
バスタオルもいいですが、小さ目の布団(2,000円位で売ってます)も便利ですよ。昼寝用なのでしょうか? 移動の時など頭の方と足の方を二人で持つと、寝ている本人も崩れず安定しています。家に短時間帰宅した時、歩けず、動けず、寝てるだけでしたが、全て動かす時に役立ちました!!そして、車でホームに帰る時もその布団のまま座らせて、介護者も介護人も楽でした!!
匿名希望さん
いい記事には投票してください!
17
介護をされる人に痛みがある場合は、患部をさわらないようにしないと、親子でもいやがられます。大変ですが、慣れる以外にないような気がします。父が母を介護(父の意志で)していました。私は慣れてなかったので、母の体を起こそうとしたら「痛い!」と強く言われ、悲しかったです。
ぶよたんさん
いい記事には投票してください!
16
無駄に力がはいっても介護者が腰を痛めたり介護されるほうも痛かったりします。力をいれる角度とあとは介護される側にほんの少し手伝ってもらうだけで全然違います。ケアマネさんやヘルパーさんが身近にいればコツを教えてもらうとずいぶん楽になりますよ。
ひろぽむさん
いい記事には投票してください!
15
一人でやるから大変。二人でやれば大変さは半分以下。それでも一人で・・・フ〜ム!
komasanさん
いい記事には投票してください!
14
とにかく介護する人と介護される人の信頼関係でしょう。介護される人に出来るだけ身を小さくしてもらうようにすれば、ベッドとの接地面積も減り、介護する側は力が要りません。そして、双方で掛け声をかけるなどして、心を一つにするのが一番です。「やってもらう」とか「やってあげる」などという気持ちは禁物。あくまでも一緒に頑張るという気持ちで!
ほののさん
いい記事には投票してください!
13
起こす時は、横向きにして足をベッドサイドにおろしながら、肩を持ち上げる。寝かせる時はその逆。
友紀恵さん
いい記事には投票してください!
12
要介護者が力を入れないようにさせるのが第一。リラックスさせてから。後は、腰に負担がかからないような体制を保ち、てこの応用で起こしたり寝かしたりすればいい。
池チャンさん
いい記事には投票してください!
11
肩の下から腕を入れて、手のひらは頭を支える。そして起こしたり寝かせたりするとスムーズにできますよ。
パイナップルさん
いい記事には投票してください!
10
ベッドの高さをベッドに腰をかけて両足がしっかり床に着く高さにします。足を交差させ両手はお腹の上におきます。肩と腰を持ち横に向けます。両足を膝の辺りまでベッドから下ろします。ベッド柵を持ってもらい肘でベッドを押すように上体を起こしてもらいます。その時介護者は膝を下に押すように手で押さえます。もしくは、肘に首を乗せもう片手で膝を押しながら起こします。
でゅうさん
いい記事には投票してください!
9
やはりバスタオルを敷くのは基本だと思います。介護者は腰を痛めやすいので気をつけてください。
boo-taさん
いい記事には投票してください!
8
バスタオルを敷いてそれを持って行っています。電動ベッドも利用しています。
モモさん
いい記事には投票してください!
7
起こす時に介護される人の周囲に手で掴める物が無いか確認する事。殆んどの人が怖がって手で掴める物があれば物凄い力を入れるので起こせません。起こす時も寝かす時も手を前で軽く組んで貰うのがベターです。
nonkiraさん
いい記事には投票してください!
6
相手の腰を持つと楽に移動が出来ます。
パリカ-ルさん
いい記事には投票してください!
5
家族に従事者がいますが、大変なのは介護される人以上に介護する側のほうです。扱うものが人間なだけに丁重にするのですが、だからこそ無理な姿勢で支えたり持ち上げたりすることで腰を痛めます。結構太った人も多いし。物であれば少し粗雑に扱えたり、最悪は手放すことも可能ですがそれが出来ない分・・・。なので十分な腰の運動と筋力強化して気構えを持って望んであげてください。
ぜっとしさん
いい記事には投票してください!
4
ジャンボサイズのバスタオルを敷いてから寝かせると、なにかのときにバスタオルを動かすことで体位を変えられるので、ラクです。
okさん
いい記事には投票してください!
3
上手に・・・というか、身体を動かす時には、重心を低くして(膝を落として)それをバネにして動かすようにした方が良いです。あと、ベッドは高めにしてください。腰を痛めると、大変ですので、気を付けてくださいね。
ぴうさん
いい記事には投票してください!
2
古武術の甲野先生がNHKの人間講座で教えていましたが、首の後ろに手を回し込み腰を使わずに起こすやり方は参考になりました。
cupferreさん
いい記事には投票してください!
1
寝かせる前にバスタオルを背中あたりに引いておくとそこをもって起こしたり、寝返りを打たせることが出来るので楽です。
の-こさん
いい記事には投票してください!
おすすめサイト!
得票数

touchanさん(12)
n.teruakiさん(6)
歩き目ですさん(5)
dokumuraさん(5)
yoyoさん(5)
yamaさん(5)
ライアンゴロさん(4)
altezza5さん(4)
しょうれんさん(4)
ほくとさん(4)