「司法書士」ってどう?!
王国_口コミ事典
なんでも知恵袋
王国探検すごろく
 

「司法書士」ってどうですか?!取得者の体験談や仕事への生かし方、取得への近道、アドバイスなど!

資格(法律)

資格(法律)(質問)

学ぶ・学ぶ・学ぶ

質問・テーマ

「司法書士」ってどうですか?!取得者の体験談や仕事への生かし方、取得への近道、アドバイスなど!


書き込みしよう → ログイン
初めての方は→ 住民登録 20秒でOK(無料)

コメント
為になったコメントや面白いコメントには いい記事には投票してください! をクリック!
勉強に対する「未練」または「幻想」を持って、社会生活から離れて「独りぼっち」で、働かずに勉強ばかりしている人が増えている。いわゆる「スタディールンペン」と呼ばれる彼らは、就職に失敗したり、就職しても適応できずに「人生逆転」を狙って、勉強を選択している。こうした「現実逃避性学習」により、現実感覚を失って、「勉強=大当り」という幻想のみを追いかけている。社会と職場で一番忙しく働かなければならない若者が、空白状態に置かれているのは問題。 スタディールンペンたちは勉強さえお上手ならば、なにもかも解決されるという誤った価値観を持っている。司法書士専業受験生となるのは大きなリスクを伴う。
pikonyanさん
現役の司法書士ですが、都市部の若手でも何とか食えてますよ。開業後に廃業した同期もいませんしね。ただ、何の仕事でもそうですが、開業後すぐに満足な収入を得るのは難しいです。最近は法律事務所に勤務する形態も多いですね。地方なら、簡裁代理権を取得することで、更なる収入の上積みが期待できると思います。
ころろんさん
司法書士に登記申請を依頼しなかった理由についてのアンケート結果。内容が簡単だから38.1%、費用がかかるから59.2%。司法書士の仕事に満足した人は72.5%なのに対し、行政書士の仕事に満足した人は77.5%と高く、行政書士は商業登記代理権がないにもかかわらず国民からより高い満足度を得ていることが分かった。定款作成の相談相手として行政書士が26%、司法書士が15%と、圧倒的に行政書士が実際は会社設立に携わっている現状がうかがえる。
pikonyanさん
36
弁護士が登記業務に参入することは、現実的には難しい。弁護士が税理士業務に参入してこないのと同じ理屈。
相続登記の一部や抵当権抹消は、従来から本人申請がされてきている。
違法行為をしている行政書士は問題外。というか、司法書士の合格者なら行政書士の資格を容易に取得できる。
 1、そもそも難しくて自分ではできない登記
 2、銀行が介在するケースで、自分でやることを認めてもらえないケース
 3、自分ではなんとかできるが、費用対効果を考慮して司法書士に依頼するケース
 4、他の人が絡み迷惑をかけたくないため、本人申請をしないケース
いろいろですよ。
抵当権抹消登記は、そのいずれにも該当しないだけです。
相続登記も「相続関係が簡単なケース」では、上記のいずれにも該当しません。

コネがある人には、お勧めです。
ochanomizuさん
いい記事には投票してください!
35
勉強に対する「未練」または「幻想」を持って、社会生活から離れて「独りぼっち」で、働かずに勉強ばかりしている人が増えている。いわゆる「スタディールンペン」と呼ばれる彼らは、就職に失敗したり、就職しても適応できずに「人生逆転」を狙って、勉強を選択している。こうした「現実逃避性学習」により、現実感覚を失って、「勉強=大当り」という幻想のみを追いかけている。社会と職場で一番忙しく働かなければならない若者が、空白状態に置かれているのは問題。 スタディールンペンたちは勉強さえお上手ならば、なにもかも解決されるという誤った価値観を持っている。司法書士専業受験生となるのは大きなリスクを伴う。
pikonyanさん
いい記事には投票してください!
34
司法書士に登記申請を依頼しなかった理由についてのアンケート結果。内容が簡単だから38.1%、費用がかかるから59.2%。司法書士の仕事に満足した人は72.5%なのに対し、行政書士の仕事に満足した人は77.5%と高く、行政書士は商業登記代理権がないにもかかわらず国民からより高い満足度を得ていることが分かった。定款作成の相談相手として行政書士が26%、司法書士が15%と、圧倒的に行政書士が実際は会社設立に携わっている現状がうかがえる。
pikonyanさん
いい記事には投票してください!
33
平成19年3月法務省民事局により、行政書士の商業登記に関してアンケートが実施された。行政書士の仕事内容等について,「大変満足」又は「ほぼ満足」と回答した方の合計が77.5%を占めていることから,行政書士の商業・法人登記に関連する業務に対しても,国民が一定程度満足しているといえるとの結果を得た。これにより、行政書士の商業登記開放が現実味を帯びてきた。
pikonyanさん
いい記事には投票してください!
32
司法統計年報によると、裁判において本人訴訟が行われている割合は、地方裁判所では半数以上、簡易裁判所では「9割以上」です。実際に、司法書士が簡易裁判の代理人となるというのはまれであり、弁護士が急増する将来においては皆無といえます。
pikonyanさん
いい記事には投票してください!
31
司法書士の登記業務への新規参入は厳しい。既に大司法書士法人が乱立する中で、個人事務所が仕事を得るのは至難の業。先輩方も頭のいい方ばかりなので、普通の業界とは競争がまるで違う。法務局の支局・出張所の相次ぐ閉鎖により都市部に司法書士が集中し競争はさらに激化している。報酬基準も数年前に撤廃され、報酬のダンピング競争が加速している。
pikonyanさん
いい記事には投票してください!
30
不況や地価下落によって不動産取引は冷え込んでおり、さらに金融機関の再編で、従来、定期的に仕事をもらっていた金融機関自体が消滅・合併するなど、登記事務は減る一方だ。弁護士にしても司法試験合格者数が2010年には現在の約3倍の3000人に増え、2018年ごろには法曹人口が現在の2.5倍の5万人規模と、本格的な競争時代を迎える。
oujisamaさん
いい記事には投票してください!
29
国の政策としては、法曹資格を弁護士に一元化し司法書士・行政書士は廃止する方向に向かう。あと、5年で法律を職業とする資格は生活が成り立たない業種に転落する。弁護士ですら飽和状態にあり合格しても事務所に雇って貰えないのが現状。未だ資格の取っていない人は考えを改めた方が良い。お金儲けの目的でこの職業を選んではならない。
oujisamaさん
いい記事には投票してください!
28
不動産登記法の改正により権利証が登記識別情報になった。これにより、不動産の二重譲渡が容易になり、司法書士のリスクはより大きくなった。事前に有効確認をしないと騙される。また、7年後には弁護士の数が今の2倍になるため、弁護士による登記業務への参入も予想される。リスクが大きく、競争が激しく、試験も超難関な仕事であると言えよう。
pikonyanさん
いい記事には投票してください!
27
また、行政書士による司法書士業務への侵食も激しいです。会社設立に関してネットで検索すれば一目瞭然ですが、行政書士が堂々と本人申請として代行しているのが現状です。また、会社役員の任期が10年まで伸張可能になったことから2年ごとにあった役員変更の仕事も激減し会社登記自体が減少しています。また、平均売上1500万円とのデータが正しいとしても、大事務所では1名のみ司法書士登録すれば業務ができるわけで、登録をしない司法書士が数多くいることによる平均の底上げがあることも忘れてはならない要素です。
pikonyanさん
いい記事には投票してください!
26
仮に平均売上1500万だと仮定したとしましょう。10人の司法書士のうち、一人が1億円稼ぐとすれば、残りの9人の売上は555万円です。あえて言うまでもないですが、合格したからといって全員が幸せになれるわけではありません。しかし、公務員は合格して入れば金銭的には100%の人が平等に幸せになれます。就職率がいい今だからこそ、公務員を目指すべきです。登記官になればいずれ司法書士にもなれます。
pikonyanさん
いい記事には投票してください!
25
これから司法書士の勉強を始められる方へ。まず、どれくらい勉強すれば合格できるのか知ってから勉強を始めるべきです。合格率3%ということは、97%諦める訳で、途中で諦めたら、いままでかけた時間・お金・エネルギーは無駄になってしまうからです。業界を知らない受験生が予備校の甘い言葉に騙されている点が多々あります。実際に司法書士の話しをもっと聞くべきです。また、登記官になれば司法書士に登録できるという道も知っておくべきでしょう。
pikonyanさん
いい記事には投票してください!
24
受験勉強も相当大変です。どれくらい大変かと言うと、両手いっぱい広げてそこに本を並べてその内容をすべて正確に覚えるぐらい勉強しないと合格はできません。現状では法科大学院に行き弁護士になる方が簡単でしょう。弁護士は司法書士の業務をすべてできる訳であり、あえて苦労して司法書士の資格を取得する意味は少ないです。要は、合格後、仕事ができるのかどうか、営業力があるのかどうか、が重要であり、本当の実力社会が到来したと言えます。
pikonyanさん
いい記事には投票してください!
23
平均年収が1500万くらいあるのではなく、平均売上が1500万あるという表現が正確です。しかし、実際の平均収入は700万前後だと思う。しかし、深夜、土日に関わりなく働いた結果得られるものであり、公務員に比べるとかなり強度の強い仕事であることは確かだし、責任も重大です。
pikonyanさん
いい記事には投票してください!
22
現在多くの司法書士は債務整理で生計を立てていますが、ご存知の通り消費者金融業界の衰退により、破産・民事再生等の仕事は減少傾向にあります。さらに、グレーゾーン金利を撤廃する国会審議がされていますが、そのことは法律家にとっては仕事の減少と報酬の減少を意味することです。簡易裁判所訴訟代理権にしても、一般の方々は、訴訟となればやはり弁護士に頼むわけで、あえて司法書士に頼むということは希です。
pikonyanさん
いい記事には投票してください!
21
登記の需要は今後明らかに減少します。それは、人口の減少と登記申請の容易化が原因です。人口の減少に反比例して法律家は増加していますし、登記申請は案外簡単で法務局に相談にいけば一人で可能であり、個人申請はどんどん増加しています。さらに、司法書士の業務すべてを弁護士はできるわけで弁護士による登記業界への参入が予想されます。今後は、競争がより激化するために受験勉強で苦労するわりにはその見返り少ない現象が生じるでしょう。
pikonyanさん
いい記事には投票してください!
20
某セミナーの通信教育を受講しました。ハッキリ言ってなめていました、ものすごい量でした。まず初めに六法を買って学習する範囲を確認するべきでした。覚えなければならない条文の量が半端じゃありません。テキストを読み始めるとまるで子守唄を聞いているときのように眠ってしまう私は「これは自分には向いていない。」と諦めました。初めて司法書士を目指す方、挫折しないでガンバッテください。
makotoさん
いい記事には投票してください!
19
主人が独学でやってましたが後に通信教育うけやはり独学ではだめだと でもまだ合格してませーん みんな何年もかかって結局挫折するらしいです
もずみちゃんさん
いい記事には投票してください!
18
独学ではどうかなぁ平均年収が1500万くらいあるらしいけどね
もりりんさん
いい記事には投票してください!
17
仕事が減ることはないでしょう。現金で不動産を買うならともかく、銀行でローンを組めば絶対司法書士じゃないとできません。単独申請である抹消登記や相続登記は元来自分でする人もいましたけど、共同申請では絶対無理ですね。
cambridgeさん
いい記事には投票してください!
16
かなり難しいので独学では挫折します。学校に行く事を勧めます 自分は通信教育で挑戦しましたが苦労しましたから、仲間がいた方がいいです。
ロトジイさん
いい記事には投票してください!
15
今は行政書士に挑戦してますが、これが終われば司法書士を挑戦したいと思っています。難易度はかなり高いと覚悟してます。独立開業は、今申請で個人でする人が増えているかもしれませんが、人間関係を確立すればやっていけるかもしれないと思ってます
野菜炒め定食さん
いい記事には投票してください!
14
私も以前、司法試験目指して、勉強していました。ところが脳卒中に襲われて中断していますが、少し回復の兆しが見えて来たので、今年の秋頃から再開したいと思います。中年期を過ぎて、益々頭は堅くなってきてますが、其処は団塊世代の、気力と闘争心で乗りきろうと考えています。
匿名希望さん
いい記事には投票してください!
13
自由なところがいいよね。先生って呼ばれるところも。法律に詳しくないとだめなんだろうけど
匿名希望さん
いい記事には投票してください!
12
法務局でパソコン入力のバイトをしていました。最近では不況の影響やインターネットによる情報提供などで、司法書士に代行を頼む人は減ってきて、ご自身で 手続きされる方が増えています。独立して開業するのは厳しいかもしれません。
みつっぴさん
いい記事には投票してください!
11
先日、住宅ローンを完済し、抵当権抹消の 手続きを自分でしたのですが、インターネットで 手続きが紹介されており、司法書士にお願いするまでもなく、案外、簡単にできました。法務局でも自分で作成して提出している方がほとんどでした。これからは「資格さえあれば」という時代ではないかもしれません。営業力もないとダメみたいです。
うちっぴさん
いい記事には投票してください!
10
度重なる法改正やオンライン申請等のIT化、訴訟業務への新規参入と、ベテランの書士が苦 手としていて、若 手に有利な要素が多々出てきています。高収入を確保することは難しいかもしれませんが、サラリーマンに比べれば自由度が高いですし、やりがいも比ではありませんよ。
ころろんさん
いい記事には投票してください!
9
個人事務所でバイトしてました。なかなか大変そうですね。私には難しすぎて(法律のこと全然しらないし)3ヶ月でやめてしまいました。
匿名希望さん
いい記事には投票してください!
8
やはり予備校に行ったほうがいいんですか?その場合の選ぶ基準ってなんですか?
ドッカ-ンさん
いい記事には投票してください!
7
どうしても、合格できないんです。。。独学では難しいですね。
ksugiuraさん
いい記事には投票してください!
6
訴訟代理を頑張れば何とかなるかも…。
だいゆ-さん
いい記事には投票してください!
5
やはり、父がしていたとか、お得意さんを多くかかえないと厳しいです。
劉老師さん
いい記事には投票してください!
4
現役の司法書士ですが、都市部の若手でも何とか食えてますよ。開業後に廃業した同期もいませんしね。ただ、何の仕事でもそうですが、開業後すぐに満足な収入を得るのは難しいです。最近は法律事務所に勤務する形態も多いですね。地方なら、簡裁代理権を取得することで、更なる収入の上積みが期待できると思います。
ころろんさん
いい記事には投票してください!
3
これから先、新たに開業して、司法書士の資格だけで食べていくのは大変だと思います。地区によっても違いますが、過当競争気味で足の引っ張り合いがあり、取引等、気を使い 心がなかなか 休まらないとも聞いてます。
幸クンのママさん
いい記事には投票してください!
2
司法試験とは、比べものにならないくらい、合格しやすい。それでいて、仕事もそう難しくなく、収入も遜色ない。簡易裁判所の代理権など権限拡張の動きもあり、これから重宝されそう。法律の素養のある人なら働きながらでも1年しっかりやれば。金と時間の余裕のある人は、予備校や通信教育がおすすめ。
匿名希望さん
いい記事には投票してください!
1
パソコンにインストールして勉強してます
yoshiosさん
いい記事には投票してください!
おすすめサイト!
得票数

nobukiさん(5)
かをりさん(4)
touchanさん(4)
jaronさん(4)
kurakuraさん(4)
OYOMEさん(3)
dokumuraさん(3)
イダテンマンさん(3)
歩き目ですさん(3)
corejiさん(2)